九重連山の御池(みいけ)

お正月休みは九重連山へ登ってきました。とは言え山頂は全く登らず、池を目的に行きました。

かかった時間は休憩も入れて6時間弱。最近は山登りはおやすみ続きで、登ってもハイキングのようなものがほとんどだったので、良い運動になりました。

スタート地点の牧ノ戸峠は−2度。御池はここよりも標高が高いので、もっと気温が低いはず…。

牧ノ戸峠の温度計

道中、雪が積もってる!というほどの所はなく、池が凍っているのかどうか、歩けるような厚さがあるのか、確信が持てませんでした。でも、到着すると凍ってました。氷は下の水がわからないほどの厚さがありました。これなら全く心配を感んじません。

凍った御池

透明度の高い部分の氷がツルツルしてて、氷の文様が綺麗です。他の白い氷は波立っており、デコボコしています。

透明度の高い氷

すぐ側にある避難小屋で昼食をとり、同じ登山道を戻りました。行き道はそうでもありませんでしたが、帰り道は霜柱も凍った土も解けていて泥まみれになりました。

2019.01.06